読者の方からの転載依頼2

前回の続きがある。

より具体的になってきた。

URLは http://funicco.blog137.fc2.com/blog-entry-343.html だ。

—–

ホテルのラウンジで対面となった。

先方は二人である。

このファンドの運用代表者であるCEOという肩書の者とAという投資助言業者の、クライアントサービス部の人間である。

名刺の住所記述は両社とも同住所同ビル同フロアー内である。

結果は、元本の約15%、77万円の償還ということであった。

6年かけて500万が77万円になったのだ。

予想の半額という結果には、しばらく絶句した。

最大の要因はファンドの約6割を占めていたタイの未公開保険会社が詐欺にあって全損で精算と言うことだった。

ああ、やはりやられたな。。。

という感想である。

詳しいファンド明細は提示なしである。運用報告書というものは結果だけしかわからない書類だった。

所有していた3ファンドにつき、

2ファンドの所有比率および現金化した旨とだけで、ファンドのパフォーマンスは提示されていない。

そして保険会社はほぼ全損という結果である。

きちんとした詳細明細を提示されなければ、悪く言うと計画詐欺、計画倒産も疑ってしまう人もいるのでは???まあそのようなことは無いと思う。だが6年預けて大損した投資家への説明がこんなものだろうか。

もっとも知りたい点、6年間でどのくらいの運用手数料をこの会社が得ていたか、そんな点も即答できないし、ウヤムヤなのだ。ファンドを蘇生した会社がファンドから得た手数料金額をなぜ明らかにしないのだろうか。

残りの書面はタイで詐欺にあってしまった点の言い訳の様なものに私は映った。他の人はそうでないかもしれないし、それで納得したかもしれないと付け加えておく。(あくまでいち投資家の私見である)。

この詐欺に対する経過報告に加え、弁護士のコメントをいくつか、結果はすべて『これ以上あがいても仕方ない』的なコメントであると思ってしまった。(あくまでいち投資家の私見である)。

警察のコメントもあった。当然ながら捜査に入ることはしないと思えるコメント。

日本証券投資顧問協会、当然ながらこの業界は業界で人もカネも出している業者を守るための団体と私は考えている。資本関係、人的な関連からそう予測したまでだ。(あくまでいち投資家の私見である)。

当然ながら投資家の自己責任というコメント。単に運用成績が悪かっただけとのこと。

これらで誘導されて泣き寝入りしてしまう人も多いのではないか。もちろん納得した方もおられるとは思う。(あくまでいち投資家の私見である)。

だが私が聞きたいのはそんな報告ではなかった。

きちんとコンプライアンスが存在する会社であれば、

・監督官庁に報告し、指示を仰ぎ、しかるべきコメントを投資家に提示するべきだ。

・いやしくも投資助言業者である。顧客にこのファンドのことを明らかにし、情報公開するべきだ。

上記2点を尋ねたが、要領を得ない。しかも後者に関しては徹底して隠され、隠ぺいされているとしか思えない。(あくまでいち投資家の私見である)。

悪気なく詐欺にあって、結果的にファンドが散々なありさまとなったなら仕方がないだろう。海外投資3原則を無視した方も悪いのだ。

だが運用側に瑕疵がなく、完全に詐欺にあったとしたら、

このファンド運用会社にはリサーチ能力も、資産を回収する能力もなんにもない、素人集団ということである。(あくまでいち投資家の私見である)。

これらを知らずに、この業者の資産運用やファンド選択のノウハウが優れており、会員のみなが得していると思って、大切な資産を任せている人々がいるのなら、ちょいと勘違いの部分はあるだろう。

私としてはこのファンドには何も期待していなかった。騙された方も悪い部分がある。

さっさと忘れてしまう手もあるが、せめてブログ読者にいい意味でも実例をお知らせする義務が私にはあると思っている。(あくまでいち投資家の私見である)。

数千万、いや億単位で投資していた人もいるのだろうか?まあそれくらいのカネが諦めきれる人なら良いだろう。

だが、人生設計が狂ってしまったり、借金だったりしたら悲惨になるだろう。

だがこれだけで済まなかった。

先方は一枚の紙を出してきて、これに署名捺印しないと償還金は払えないと言う。

どう見ても納得いかないと私は思ってしまうような文言の並べられた書面であった。

住所や氏名や振込口座のみを書けというならOKだ。

その辺は既に提出しているので、本来なら償還に伴って自動的に払い込まれるのが普通のやり方だ。

あなたがファンドを購入していてそれが召喚された。当然登録した銀行口座に振り込まれるはずが、

講座情報以外の文言があり、それに納得行かないとしても書面に捺印せねば償還金というのが普通のやり方とは思えないのだが。

例え元本の15%でも数百万になる顧客がいるだろう。

償還金を当てにしている人もいただろう。なぜすんなり自動で振り込まないのだ???不思議だと思う。(あくまでいち投資家の私見である)。

当然ながら私はカネを受け取らずに後日連絡するということで席を立った。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: