Archive for the prosecute Category

読者の方からの転載依頼3

Posted in Abraham Group Holdings, prosecute on January 9, 2012 by abpswindler

これが最後のようだ。

同じような経験をした方は、この内容に従っていくといいだろう。

URLはhttp://funicco.blog137.fc2.com/blog-entry-346.htmlだ。

—–

専門用語が飛び交ったがその辺は省略するとして、

当時は違法ではないが、現在の法律に照らすと限りなくブラックに近いグレー

な部分を数多く指摘してもらった。

業者がこのファンドの存在を隠しまくっている理由はそこにあるのだろうか。

また償還の報告書もしょうもない内容という面では一致した。

ファンドの顛末については自分の恥をさらすようだが、皆さんのために事実を書いていくつもりだ。

自作自演サイトの外部サイトをつくってランキングやらをねつ造に近いことをして宣伝しているようなサイトも数多い。

投資助言免許を持っているから優良であるというのは、本当にしょうもないセールストークだ。

そもそも投資助言業は登録制度である。登録したら免許をもらえるのだから、運転免許の方が厳しいといえよう。

提出書類の書式、内容が満たされていれば、登録されて番号を割り当てられるということだ。

行政書士に十万円も払えば書類を作ってくれ、それを提出すればいいだけだ。

投資助言を行うものは金融庁に登録を行う必要があります。

ただこれだけのことである。貸金業とまったく同じだ。

投資運用業は結構厳しい審査が必要だ。投資運用業者であっても、投資助言業を行なっている。そういう先であれば安心をセールスポイントにしても嘘ではないだろう。

投資助言業者だからどうこうというのは全く当てにならないということを皆さんは知るべきだろう。

そういえば私の大損ファンドは直接先方の日本の銀行口座へ振り込みをし、直接先方が運用していた私募債という形である。今では金融取引関係の法律が厳しくなって、説明責任が強く求められるようになったので私募債を運用する業者は少なくなった。

だが5,6年前は私募債に関してはかなりの投資家保護の法律の適用外だった。私募債のトラブルについて説明責任を求めても、当時では問題ない、合法だ、の一言で片付けられた人も多くいると思われる。

その辺は関東財務局に聞くといいだろう。

直接我々と相対する職員の皆様は結構親切で親身になってくれる。

私は以下に問い合わせをしたが非常に親切だった。

証券監督第2課 048-600-1293 金融商品取引業者(第2種金融商品取引業、投資助言・代理業、投資運用業)等の監督

もしどこに相談したらいいのか不明、あるいは情報提供をするなら以下に電話してみよう。

○金融庁 金融サービス利用者相談室(平日 10:00~16:00)
電話(ナビダイヤル)0570-016811 (IP電話・PHSからは03-5251-6811)

ちなみに関東財務局のサイトでは以下のような一文を掲載している。。。

・金融庁(財務局)の登録を受けている業者であっても、その信用力が保証されているものではありません。 

この金融庁による文言をスルーして、他の文言を載せているサイトはちょいと信用ならないだろう。

さて、マイタン日記に投資助言業者のファンドの話が掲載されてからプツリと連絡がなくなった。

9月に新宿の京王プラザ本館3Fのラウンジで現金で支払うので、これに署名捺印しろと言われ拒否してから、毎日のようにメールと電話があったのだが。。。

(まあファンドの約款にも現金で償還する場合もあると書いてあったので、こういうこともあるのだろう。)

今回は良い経験をした。

たとえ自分のカネであっても自分の手元を離れたら、自分のモノでなくなるのだ。

500万の振込金から8割以上毀損した結果残ったたった80万に満たないカネであっても、一筆書かないと払えないと突っぱねられてしまうのだ。

払わない側はラクチンだが、自分のカネであっても払わせるのは非常に困難である。

投資とはその困難なハードルを越えて行わなければならないことを身に染みた事件だった。

私は現金支給を断り、銀行振り込みを要求した。

即座に振込がなされるかと思ったのだが、勝手に5営業日以内に支払うと指定されるありさまだ。

私のカネなのに。。。

要求されたしょうもない書面は、私が内容についていろいろ問い合わせや抗議をしても、先方の担当が脳死状態というか、まったく話にならない思考停止状態なので、議論にならない。

しょうもないという意味は、既に銀行口座の登録はしている。そこに即刻振り込めば良いのに、別で書面に記名捺印を求められたことだ。相対した担当者が口頭にて「償還金の振込先です」とだけ言うのに、その書面には明らかに別の意図の文言が書かれている。

その書面がないと償還金は支払えないという。それも法的根拠でなく、社内規程だとか、監査役の指示だとか、他の人にももらっているので不公平とか、こういった面でしょうもないと表現した。

(後から調べるとこの書面には全く法的根拠がない。書面を提出しない限り償還金が振り込まれないとしたらかなり問題である。こういうことを行う業者はグレーチックと言っていいのではないだろうか。かならずしも良い評判だけとはいえないだろう。)

海外出発が迫っていたため、仕方なく書いて郵便書留で送付した。

その辺の顛末は別の記事で紹介していくつもりだ。

ちなみに16日金曜日に先方に到着しているはずなので、約束通りなら22日までに振り込まれるはずだ。

海外投資3原則をすべて無視したのも私であり、自業自得な面もある。

まあカジノに2,3百万も持って行けば取り返せる金額であるし、ここはひと肌脱いでみなさんが今後も騙されないための役に立てればと思う。

自分自身で私募債ファンドの被害にあったのだから、それを皆さんに知ってもらう方が良い。毎日数百もの方々に見てもらえている拙ブログである以上、それが私の義務である。

悪徳投資関係の被害は消費生活センターでも受け付けてくれる。

関東財務局の敷居が高そうだと思う人は消費者センターに相談するのも良いだろう。

くれぐれも対立する業者のトークに騙されてはいけない。法的に云々言っても本当のことをいうとは限らない。まずは事実を関東財務局や消費者センターに相談し、自分の目と耳で確認することだ。

Advertisements

読者の方からの転載依頼

Posted in Abraham Group Holdings, prosecute on December 30, 2011 by abpswindler

先日、読者と思われる匿名の方から、関連しているであろうブログを発見したので、ここに転載してほしいという依頼を受けた。

読んでみると「なるほど」と思わせるだった内容であった為、ここに転載する。

元URLは http://funicco.blog137.fc2.com/blog-entry-342.html だが、削除されてしまう可能性もあるので、ここに記録として残す意味も兼ねておきたい。

——

ファンド関係者から連絡があった。

ファンドの償還金を渡したいので、会えないかということだ。

新宿のホテルのラウンジにて会うことになった。

事前に電話があり現金 でお渡しするので印鑑を用意しろとのこと(録音済)。

この時点でかなり絶望的である。。。

私の場合は最少ロットの500万円の申込みだが、他の申込者へも現金渡しをしているとすれば、

持ち運びに差し支えない札束にしかならないということだるう。。。

ファンド通貨はポンドである。約6年前は200円程度だ。

そうなると円ベースでは為替差損がマイナス40%くらいになるだろう。

設定は2005年中である。

世界の株式市場を鑑みると現在では3割~4割減であろう。

そうなると、元本は最悪200万を割れるくらいと予測していた。

(500万円*0.6*0.7=210万円 ~ 500万円*0.6*0.6=180万円)

思えば海外投資の三原則をまったく無視した投資であった。

思ってみれば募集も契約も払い込みもすべてネットベースであり、電話で話したことすらなかった。

(まあ、それで心配なしといった誘導をされていた面もあるが。)

私の中ではまともな運用がされればラッキー、場合によってはひどい目にあうかもしれない覚悟はできていたので、あまりあてにしていなかった面もある。

これが数千万という投資で、全財産を投入していたり、将来の生活資金のための貯蓄やら、自宅土地建物担保で借りた金だったりしたらアウトであろう。

少なくとも人生設計が大きく崩れてしまうだろう。

半ば期待をしないで新宿へ向かうことになった。

(つづく)

海外ファンドを選ぶ能力について

Posted in Abraham Group Holdings, prosecute on December 29, 2011 by abpswindler

アブラハムプライペートバンクで海外ファンドのアドバイスを受けようと考えていました。

検索するとアブラハムプライベート関係先がたくさん浮かび上がってきました。

どれを読んでも具体的なことがなく、ヨイショに近い宣伝ばかりで参考になりません。 不具合な情報が消された跡などもでてきており、相当ネット対策をしているような気がしております。 良い情報悪い情報両面を知らないといけませんので、いろいろ調べているうちにこちらに到達いたしました。

アブラハム自身が組成して運用を行ったという私募債のパフォーマンスを知りたいと思っております。 タイで詐欺にあってかなりな額を毀損したとネットにありましたが、詐欺に会ったのは調査力がまったくなかったのかもしれません。

今では彼らは私募債はやらず海外ファンドのアドバイスが主力のようです。

よりまして今私が知りたいのは海外ファンドを選ぶ能力です。私募債にも海外ファンドが何本か入っていたと思うのです。 それらのパフォーマンスを知りたいので、私募債に投資した方がおりましたら組み入れの海外ファンドの開示をお願いしたいと思います。

海外ファンドファンより

アブラハムの手口はひどいですな

Posted in Abraham Group Holdings, prosecute on December 3, 2011 by abpswindler

ふとした調子にこのブログを発見し驚愕です。

 

自分もこのファンドに投資ししました。

 

タイで詐欺にあったのは仕方ない、法的に問題ない、お金を戻してあげたくても損失補填は法律違反だからできないってな言い訳で終始でした。

 

このファンドからおたくはどれだけ手数料やら報酬やらとってんの?その分は戻してくれんの?と聞いたんですけどね。最初の2年だかは報酬なしで運営したって言われましたね。だから最初はいいから、全部でどんだけとってんの?と聞いても説明にきた連中はわからない。いい加減だなと諦めましたよ。

 

最後に口座番号を知らせる書類に署名捺印しろってことだけど、この結果に文句ありませんてなことが書いてあって、これにサインしたら後から何も言えなんだろうなと。でも署名捺印しなきゃ返金できないと言われちゃ仕方ないから書きました。

 

自分はもう諦めてるけど、最後の一筆かけという書類は納得いかないままです。口座番号は申し込みの時に書類で知らせてあるからそこへ返金してよって言ったんだけど、この書類がないと返金できないって突っぱねられましたよ。

 

ワルいやつらは最後に引き換えに一筆取って裁判とか防止してるんでしょうな。

 

法的にはどうなんでしょうね。こんなのカカなくても返金させた人って居るのでしょうかね。そ こんところだけ知りたいですね。

 

名無しより

このサイトについて

Posted in Abraham Group Holdings, prosecute on November 7, 2011 by abpswindler

アブラハムプライベートバンクで被害にあった方の情報を募集致します。

メール、コメントにてお知らせください。

営業妨害、名誉毀損、秘密保持などで口止めされた方は匿名で結構です。

公開したくない情報はその旨をお知らせください。

アブラハムプライベートバンクとのやり取りで疑問点があれば、出来うる範囲でお答えします。

メール: ABP-swindler@live.com

prosecute

Posted in Abraham Group Holdings, prosecute with tags , on November 3, 2011 by abpswindler

Abraham Group Holdings Co., Ltd. will be prosecuted for swindle.